profile

selected entries

Please feel free to use it

POWER TO THE PEOPLE

↑クリックでダウンロード↑
PDFファイルがダウンロードできます。
ご自由にお使いください。
(サイズ:10cm×10cm / 約295KB)

※WEB掲載用はコチラ
PNGとGIFをご用意しております。

categories

archives

my favorite

links

mobile

qrcode

好きな本:”おおきな木 〜The Giving Tree〜 ”

評価:
シェル・シルヴァスタイン
篠崎書林
---

泣ける1冊です。


この本は15年位前に友達が紹介してくれて、
「マジ泣くよ。とにかく読みな。今読みな。すぐさま読みな。」と本屋さんで手渡され、その場で読まされました。

友達の言葉通りマジで泣きました(笑)


表紙の「木」と「男の子」のお話です。


木と男の子はとっても仲良しで、いつも一緒に遊んでいました。
でも、男の子はどんどん成長してしまい、木と男の子との関係が変わってきてしまいます。

それでも変わる事のない「木」の男の子に対する想いが...ねぇ〜...何とも言えないんですよ。

言葉で説明するよりもとにかく読んで欲しいです。


コレを書くためにさっき読んだのですが、やっぱり泣いちゃいました。何回も(笑)

もう、「木」がねぇ〜...
あ、独り言です。


感動させられるのは確かですが、もしかしたら人によって感動する所が違うかもしれないですね。

でも、「マジ泣くよ」(笑)

0

    この記事のトラックバックURL
    トラックバック